ソーシャルメディアでインフルエンサーを目指すのは、近年非常に難しくなっています。これはインフルエンサーやインフルエンサーを目指す人があまりにも多いからです。

 

しかしオーディエンスが多いということは、常に新しいインフルエンサーが生まれる余地があるということでもあります。今回は、インフルエンサーの一員に仲間入りするためのヒントをご紹介します。

 

ニッチなマーケットを見つける

あまり知らないジャンルに参入し、一から権威を目指すのは難しいことです。分野について知識がない人の話に注目し、進んで耳を傾ける人は多くはないでしょう。

 

インフルエンサーを目指す場合は、既にある程度の知識を持っているか、少なくとも情熱を持って取り組んでいるニッチな分野を選んでください。ソーシャルメディアでのチャンネルを成長させ、新しい知識を徐々に得て新しい経験を積んでいけば、情熱が知識不足を補ってくれるでしょう。

 

チャンネルの準備

チャンネルを成功に導くには、設定を工夫することが必要です。これはどういうことでしょうか?

 

視聴者を本格的に集める前に、チャンネルの詳細部分をすべて設定しておく必要があるのです。つまり、ユーザー名、ページ、画像やサムネイル(動画コンテンツの場合)を最適なものに設定し、魅力的なプロフィールを作成することが重要です。

 

自己紹介欄は、コンテンツほど重要ではないと思われがちです。確かにコンテンツは最も重要な財産ですが、完璧な自己紹介欄の作成にも十分な時間をかける必要があります。自己紹介欄により閲覧者がクリックして投稿者のことをよりよく知り、あなた自身やブランドとのコラボレーションに発展するきっかけとなる可能性があるからです。

Like and share social media. Hands holding smartphone with social media network icons. Marketing concept.

 

オーディエンスの研究

オーディエンスを理解することは、チャンネルを成層圏まで押し上げるために(優れたコンテンツを作成する以外で)最も重要なことです。これはなぜでしょう。ターゲットとする人々が興味のないコンテンツを何ヶ月もかけて一生懸命作っても、大した成果は得られないからです。

 

「オーディエンスが欲しがっているもの」を提供する必要があります。オーディエンスが友人や家族と共有したくなるようなものを提供できれば、チャンネルの成長をさらに後押しできるでしょう。

 

最新のトピック?時代を超えて語られるトピック?

最新の出来事や話題を取り上げるべきか、それとも昔からある話題を取り上げるべきなのか。この問いに対しては明確な答えが出ていません。

 

これは、閲覧する人の好みにもよります。読者がどのようなトピックが好みかを尋ね、集計してみることも考えられます。そうすることで、より正確な情報を得ることができ、ソーシャルメディアでの成功を辿ることができるでしょう。